舌切り雀 (したきり すずめ)

Rating:

この昔話は おじいさんと おばあさんのストーリーですが、こののは おばあさんは アンタゴニストです。鳥に チャンスを くれませんで、その鳥に ぼうりょくをふるいました。たくのりを れいつぶしか あげられませんでした。でも、おばあさんは いじきたなかったから、バッドエンドです。

This is an interesting story with unexpected plot twists every two pages. I thought it was a clever, creative way to teach us that what goes around comes around. And no, if you think you missed a page at the end, it’s really the end.

One Reply to “舌切り雀 (したきり すずめ)”

  1. この本が好きですか。どんな分が好きですか。たくさん難し分ぽがありますか。とてもとてもおもしろ本です。読みたい!

    Did you like this book? Which part did you like? Are there a lot difficult grammar structures? It sounds extremely interesting. I want to read it!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *