チーズスイートホーム vol. 2

Rating: ★★★★★

チーズズイートホームというマンガのシリーズは小さいチーという子猫について物語です。一冊で、チーは色々な面白い冒険を経験します。この vol. 2 の本で、チーは新し家族の生活になれ続きます。大きくて黒い猫に会ったり、お父さんと一緒に遊んだり(お父さんは仕事をしてみているのに)、牛乳を飲んでみたりします。大きくて黒い猫は色々な短い物語に出ます。最初に、チーにとって、黒い猫は怖くて、嫌なものだけど、だんだん仲良くなります。

I would recommend this book to Japanese students of every level–it’s really simple and easy to read, but also really fun. Chii is adorable and hilarious and gets into lots of trouble. Chii also uses a kind of baby-talk that is honestly pretty adorable to read. There is some continuity between the stories within each volume, and across the series as a whole, but honestly you could probably pick up book 6 and have no trouble following what’s going on. The stories come across as short, connected vignettes rather than chapters in a long-running series.

 

    

竹取物語・宇治拾遺物語

Rating: ★★★★★

 

このマンガの本で、色々な日本の昔ばなしが集まれています。一番目の話しはこの本の中で一番長い物語で、竹取物語です。竹取さんはある日竹を取りながら、小っちゃい女の子を見つけます。寂しくて、子供がいない竹取さんと奥さんはかぐや姫という名前を付けて、育てます。かぐや姫は大人になる時、とても美しいのでかぐや姫と結婚したい男性が多いです。でも、かぐや姫は結婚したくないので、男性に挑戦することにします。そういう物語です。かぐや姫の物語の後で、色々な短い昔ばなしが入っています。面白い本です。

I would recommend this book to third and fourth year students, and possibly ambitious second-year students as well. There’s a lot of vocabulary that we don’t learn in class, but there are also helpful foot/side-notes that explain some of the vocabulary and historical references. The art style in the book is pretty nice, and that makes it fun to read, as well as the fact that the stories are pretty interesting.

ベルサイユのばら

Rating:

 

この本は面白いけど、大変に難しすぎました。1700年代の後半のフランスの物語で、主人公たちはマリーアントワネットと歴史に存在しなかったただこのシリーズに存在するオスカルという女の近衛連隊長です。他の人物も多いし、場面はだいたいベルサイユの禁中だから、敬語が多い話です。それに、名前はカタカナの長いフランスの名前やドイツの名前ので、名前さえ読むのは難し方。そして、全然分からない漢字が多い本です。沢山「王太子妃」とか「伯爵夫人」のようなフランスの華冑のタイトルは入っていて、分からない1770年代の政治の言葉も入っています。

このベルサイユのばらの一番目の一冊の物語はマリーアントワネットの子供頃からフランスの王妃になる時までのことです。同時に、オスカルは近衛連隊長になって王妃様を守りながら、フランスの国民たちの問題をちょっと調査します。そうした中で、ジャンヌという人物のとても貧乏の家族はパリに住んでいるけど、ジャンヌはベルサイユのことを憧れます。

This is a very interesting book, but it is really incredibly hard to read. It’s full of court intrigues, 敬語, complex court etiquette, and there’s a good dose of international politics at the beginning. It’s all simplified for the manga, of course, but for language learners, it’s going to be really hard to follow. There’s so much vocabulary in here that we’ve never encountered before because for obvious reasons we’re not learning about 18th century France. Some things I was able to figure out based on historical knowledge of the time period–for example, I had no idea what 「天然痘」was, but from the context of how horrified everyone was that Louis XV had contracted it, I correctly guessed it was smallpox. But I had to look up most of the titles for the nobility because I just had no idea what they were–I could tell they were titles, but I couldn’t tell which ones were more highly ranked than the others from the kanji, which meant I wasn’t always understanding the court intrigue. Usually I was able to understand the gist of what was going on, but sometimes I honestly wasn’t even getting that. Overall, I probably understood 50% of this book.

小泉八雲の怖い話2

Rating: ★★★★★

この本の中に二つの物語があって、最初のは「耳なし芳一」と言う話で、二つ目のは「梅津忠兵衛の話し」という物語です。面白くないというわけではないが、怖いというわけでもないのでちょっとがっかりしました。「耳なし芳一」と言う話で、目が見えない琵琶を弾く人は幽霊のため演奏してしまいます。「梅津忠兵衛の話し」と比べるとちょっと怖くて、本当のゴースト・ストーリーの雰囲気があるけど、読無と多分驚かさないと思います。「梅津忠兵衛の話し」と言う話で、武士の人は夜中に赤ちゃんを抱いている女の人に会って、女の人は武士に赤ちゃんをあげます。全然怖くないけど、多分読むとちょっとびっくりするかもしれません。

I would recommend this book if you’re looking for some mysterious stories, or something with a little bit of a fantasy bent. But if you’re looking for something actually scary, keep on looking. It’s not that I expected these stories to leave me with nightmares, but I was hoping for a disquieting thought or two and for the most part they disappointed. In terms of readability, I’d recommend this book to second and third year Japanese students.

Level 4, Vol2, Koizumi Yakumo no kowai hanashi 2