Original TADOKU Books by Students

Rating:

YOMU YOMU 越境多読本シリーズ

スミス大学の日本語クラスでは、多読をしながら、日本語学習者のための多読向けの本を作成するプロジェクトを行っています。

ここでは、スミス大学で日本語を勉強している学生が書いた多読向けのストーリー、Yomu Yomu BeginnersYomu Yomu Diversity シリーズをご紹介します。(レベル別のページはこちらへ)

ストーリーのレベル付けは、基本的にNPO多言語多読のレベルの目安を参考にしていますが、学習者の日本語学習や多読経験からの観点も取り入れてレベルを付けています。

イラスト、写真などは、著作権フリーあるいは、学生オリジナルのものを使用し、ストーリーは学生のオリジナルが中心です。リライト版をする場合は、著作権のないものを選んでいます。

それぞれの本のシェアとダウンロードについては、学生からの許可をとってありますが、作品の再利用や転用をする場合はご連絡ください。

日本語学習者によって書かれた創造性豊かな、越境ともいえる多読本を、どうぞお楽しみください!


初級学習者向けストーリー  “Yomu Yomu Beginners!”

Yomu Yomu Beginners! は、2017年秋学期のスミス大学日本語1年生1学期目のクラスプロジェクトです。日本語で多読をはじめたばかりの学生たちが、他にも自分たちと同じような初級学習者を想定して、レベル0の多読向け読み物を作成しました。

イラスト、写真、絵などは、著作権フリーのものを使用し、学生創作のオリジナルアートやイラスト、写真も豊富に使われています。ストーリーは学生のオリジナルです。

はじめて多読をする学習者さんたちに、ぜひ薦めてみてください!

Copyright  2017-2018 Smith College Japanese Program


多様性をテーマにした中級者向けストーリー “Yomu Yomu Diversity”

Yomu Yomu Diversity は、2017年春学期の日本語2年生と4年生のクラスで、学期を通して多読をしながら「多様性」をテーマにした多読向けの本を作成したプロジェクトです。

「多様性とはなんだろうか」、クラスでディスカッションを重ねながら、それをどう表現し、みなに伝えられるだろうか。自分の日本語学習だけでなく、友達、家族、コミュニティ、社会や未来につながることを意識しながら、作られたストーリです。

学生が自ら描いたオリジナルのイラストの他、写真や絵は著作権フリーのものを使っています。ストーリは、学生のオリジナルが中心で、リライトをする場合は著作権のないものを選びました。

ぜひ読んでみてくださ〜い 🙂


絵をクリックすると、オンラインで(またはダウンロードして)読めます。

日本語1年生の作品 (Fall 2017) 

Level 0、うみ、かぞく、たのしい
Level 0、おおさか、たべもの、かいもの
Level 0、ねこ、ともだち、ぼうけん
Level 0、ペット、ねこ、かぞく
Level 0、だいがく、デート、ともだち
Level 0、スーパー、こども、たいへん
Level 0、かぞく、そーすふろーたー
Level 0、たけし、メアリー、けいさつ
Level 0、にほん、りょこう、ねこ
Level 0、さんぽ、いぬ、ともだち
Level 0、だいがく、でんわではなす、ともだち
Level 0、ぶた、いろ、ふしぎ
Level 0、ゆかた、まつり、ともだち
Level 0、ねこ、ペット、おなかがすく
Level 0、おおかみ、うさぎ、こわい?
Level 0、きりん、どうぶつ、りょこう
Level 0、ようせい、ハムスター、さがす


日本語2年生の作品 (Spring 2017) 

 

Level 2、出会(であ)い、違う話し方、結婚式
Level 1、赤ちゃん、スペイン語、多言語(たげんご)を学ぶ経験
レベル2、神話(しんわ)、動物、リライト版
Level 1、犬、友だち、友情(ゆうじょう)
Level 3、食べ物、レシピ、文化、アメリカ大学生活
Level 4、宗教、家族、プロテスタント
Level 2、日本、夏、祭(まつ)り、日本での経験
レベル3、カンボジア、タクシー。外国旅行の経験
Level 3、虫、動物、神さま

 


日本語4年生の作品 (Spring 2017) 

Level 4、犬、宇宙人(うちゅうじん)、冒険(ぼうけん)
Level 4、LGBT、家族、結婚
Level 4、猫(ねこ)、友情、気持ち
Level 4、鬼(おに)、旅行、多言語(たげんご)