どうして猿の尾は短い?どしてクラゲは骨がない?

Rating: ★★★★★

 

このストーリーは ちょとかなしでした。このストーリーはことはクラゲと猿が何かなくしました。でも、いいストーリーを読みました。おもしろいでした。

I would recommend this story. Most of the kanji was easy to read. It was a bit sad because they lost something they can’t get back. It was interesting to read why both the jellyfish and the monkey lost that something and how it happened.

「お正月」木村家の毎日

Rating: ★★★★★

 

本の中で、木村家とお正月を祝いたいですか。
やるべきことがたくさんあります!
例えば、お正月の前に。。。カードを書いたり、たくさん家を掃除したりします。
一緒に、すべての家族はおいしい食べ物を食べます。そして、子供たちが遊んで、大人の飲みます。
その後、家族は神社に行って、1月1日になります。

Not only is this book friendly to new readers of Japanese, it is also culturally educational. Why not experience a Japanese New Years’ celebration with the Kimura family? This book is very colorful and easy to interpret. I would recommend it to any beginner.

ジョンさん バスの中で

Rating: ★★★★

この本で、大学生の おかしい話が 二つあります。ジョンさんは バスに乗る前に、新しい事を してみるが、かんがえません。それから、バスの中で、いつも たいへんです。みんなは ジョンさんに 大切な きょうくんを ならえます:新しい事を してみる時、気をつけてください。(^‿^)

Anyone can relate to these stories about everyday decisions that may not sometimes be the best, but are little anecdotes we learn from and laugh about later. These moments remind us that nobody’s perfect, and that little everyday slip-ups come and go.

風と太陽

Rating: ★★★★★

 

このものがたりはとても有名ですね。子供の時母から聞きました。簡単ですが、面白いと思います。

This short story is about how wind and sun were having a little competition. The content is very easy but it is quite interesting. It is a very quick read I don’t think anyone would encounter any problems with it. However I would suggest people to read something more closely related to Japanese tradition since this tale is globally known.

ジョンさん日本へ

Rating: ★★★★★

 

このほんはおもしろいです。ジョンさんは日本で勉強しているの学生です。飛行機でゆきさんにあいました、そして、ともだちになりました。一緒に歌舞伎にみるつもりでした。でも、違う日時をおぼえたから、何も見ませんでした。

I think this is a good book for first year Japanese. It is not a hard book to read, and it is a great way to review grammars we had covered last semester. I also think it is a great way to practice putting vocabularies we’ve learned in context.

Style from Tokyo

Rating: ★★★★★

 

この本は色々な東京の着物のスタイルを紹介します。毎ページでは、特別な服を着ている人の写真だけしでなくて、この人に出会った話とこの人の着物のについて英語と日本語で書いた紹介もあります。本の中で、和服とか洋服などはたいていきれいですが、分からないアウトフィートもあります。それで、この本を読んだ後、特別な着物は似合わないことがよくあると思います。

I find this book really interesting because it introduces the fashionable outfits in Tokyo and also talks about the stories of the people who wear these outfits. While reading the stories, I find that it’s obvious that an outfit is reflecting a person’s  personality and occupation. Although the Japanese expressions are advanced in this book, the book is still really interesting to read since you have the photos and you can read their story in context.

笑い話

Rating: ★★★★★

この本はとてもよかったです。長くなくておもしろいでした。ほんは四さつがあります。一さつは星をとるです、二さつはだれがはい?です、三さつお金がありませんです、四さつは店は大変?です。しょうせつの中で店は大変?がいちばん好きでした。読んでください。

I really liked this book. I found myself having to look up a good number of words, but it also had a lot of vocab we’ve learned, which was nice. I like that it was broken up into four separate stories because it allowed me to take breaks from the reading without having to worry about forgetting something. I would definitely recommend it to other Japanese students!

西町交番のりょうさん「助けて!」

Rating: ★★★★★

この本は面白いです。りょうさんは警察官です。りょうさんは、西町でたくさん人を見て、助けます。でも。。。その時は、小さい男の子の猫は高い木の上ですから、りょうさんは木に登ります。怖いですよ!だから、りょうさんが「助けて!」と言った人になりました。

If you are a novice at reading Japanese, then this is the book for you! The sentences are extremely short, and simple grammar can be identified/ understood (e.g. short form, te-form, 〜よ, quotations, casual “no” in speech, etc…) There is a plethora of images to baby-step the reader through the story and it is engaging till the end with light humor.

Rating: ★★★★★
level 0, vol 1, sakura

1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 (1 votes, average: 5.00 out of 5)
You need to be a registered member to rate this.
: 5 stars

桜は綺麗ですね。この本を読んだから、日本にいくつもりです。日本でおはなみをしたり、友達とお酒を飲んだり、歌を歌ったりしたいです。桜の前で、写真を撮りたいです。日本に住んでいるのが大好きです。

I learnt about お花見 this activity. It sounds so amazing. I really want to go to Japan in spring and enjoy the beautiful natural scene. This book is easy to read and I recommend to people who want to learn about Sakura which tokens part of Japanese culture.

小泉八雲の怖い話2

Rating: ★★★★★

この本の中に二つの物語があって、最初のは「耳なし芳一」と言う話で、二つ目のは「梅津忠兵衛の話し」という物語です。面白くないというわけではないが、怖いというわけでもないのでちょっとがっかりしました。「耳なし芳一」と言う話で、目が見えない琵琶を弾く人は幽霊のため演奏してしまいます。「梅津忠兵衛の話し」と比べるとちょっと怖くて、本当のゴースト・ストーリーの雰囲気があるけど、読無と多分驚かさないと思います。「梅津忠兵衛の話し」と言う話で、武士の人は夜中に赤ちゃんを抱いている女の人に会って、女の人は武士に赤ちゃんをあげます。全然怖くないけど、多分読むとちょっとびっくりするかもしれません。

I would recommend this book if you’re looking for some mysterious stories, or something with a little bit of a fantasy bent. But if you’re looking for something actually scary, keep on looking. It’s not that I expected these stories to leave me with nightmares, but I was hoping for a disquieting thought or two and for the most part they disappointed. In terms of readability, I’d recommend this book to second and third year Japanese students.

Level 4, Vol2, Koizumi Yakumo no kowai hanashi 2